これからは好き勝手に過ごす

東京三軒茶屋/革靴/靴磨きとトレーニング好き〜三軒茶屋のこと、トレーニング、大好きな革靴・オススメのシューケア用品を好き勝手に載せてきます〜

アゴを切る覚悟を決めた…|歯列矯正、顎変形症手術に向けて

f:id:switch321:20180113182454j:plain

 タイトルのとおりですが、

手術をすることになりそうです…。

 

八重歯を治そうと意気込んで矯正歯科いったが

自分は左の犬歯が八重歯になっているのですが、30歳の今まで特に気にしていませんでした。


しかし、最近になって八重歯が唇に引っかかることが発生。

 

この際なので、矯正して全面的に上の歯の歯列を整えようと矯正歯科へ相談に行くことに。

 

相談では犬歯が気になっていることを伝えました。
ついでに顎の関節がカクカクなることがありその違和感についても一緒に伝えたところ、

 


診察の相談結果は…

 

 

なんと!

アゴを切る外科手術をすることになりました!!

 

症状について

どうも自分のアゴの状態はあまり良い状態ではないようです。
上顎と下顎の関節部分には軟骨があるようでそれがうまく噛み合っていないとのこと。

 

加えて噛み合わせもずれており、
これを治すためには顎を少し切り取る必要があるようです。

 

ちょいグロですが、
矯正歯科では症状によって顎変形症の手術と歯列矯正を並行に行うことが一般的みたいですね。

 

アゴの関節と歯列、歯茎は密接に関係しており
どれか一つだけ治せばいいというわけではないようです。

 

矯正歯科クリニック選びについて

1つのクリニックで決めるのではなく、
複数のクリニックに相談した上で、選ぶことをおすすめします。

 

4つのクリニックに相談しましたが、どのように治療していくかは、各クリニックの先生の判断によって異なっていました。

 

歯列が綺麗になるだけでなく、
今後、長期的に歯茎や顎がどう付き合っていくか考えた上で、
最も適した治療方法を示してくれた先生のいるクリニックにしました。

 

外科手術を伴う矯正治療はかなり長期になりますし完治まで3〜4年…!!!)

正直、手術は受けたくありませんでしたが… 

今の顎の状態と付き合っていくことの方が将来的にリスクがあると診断を受けたため、
手術を含む矯正治療を進めていくことを決意した次第です。

 

ちなみに顎変形症の治療を含む矯正治療ですが、
自分の場合だと以下のメリットがあります。

・保険適用になるため、経済的にも負担が少ない
・見た目の仕上がりが良くなり、歯茎に負担をかけない仕上がりになる

 

今後の症状の経過をブログに書きます

あまりない経験だと思いますので、
歯列矯正も含め経過をブログに書いて行こうと思います。

 

今後、歯列矯正をしようとしている人や、
顎の関節のことで悩んでいる人にとってこの実体験が参考になれば幸いですね。

 

まずは口の型や顎の筋肉の状態をはかるための
精密検査が待ち構えているので、次回は検査編をお送りします。