読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからは好き勝手に過ごす

やりたいことを我慢してガチガチに生きてきたのでこれからは好き勝手に生きていくのが目標です。世田谷・三軒茶屋情報発信 早起き 自信・落ち着き ストレスマネジメント フィットネス

蓄膿症の原因に!海レジャーで海水が鼻に入ったら即対処しよう!

Life

f:id:switch321:20160812180718j:plain

海水浴をして海から上がったら大量の海水が鼻から出てきた経験はありませんか?

 

これは鼻の裏側あたりにある副鼻腔という空洞に海水が溜まっていることが原因なのですが、

自分も先日海に行ってきて、鼻に水をためたまま翌日を迎えたためものすごく不快な思いをしました。

 

今まで知らなかったのですが、

これを放っておくと病気に繋がってしまうので、知っておいたほうがいいです。

最悪の場合、手術を受けることになります。

 

サーファーやダイバーの方には周知の事実かもしれませんが、

それ以外の方は、知らないことが多いと思いますので(自分が無知なだけ?笑)

今回は自分の経験を元に記事にしてみたいと思います。

 

読んでくださる方は海にいかないから関係なかったとしても、

家族や知人に教えてあげてください。

 

海水浴時に副鼻腔に水が溜まってしまう主な原因

海に深く潜った時に水圧がかかり、鼻に水が入ります。

あまり水がはいった感覚は無くとも、副鼻腔に海水が侵入しています。

 

大体自分の場合、

沖に出る際、ドルフィンをして波をかわそうとするときに侵入するようですね。

海にいる時は気づきませんが、上がってから大量の海水が鼻からでてきます。

 

水を頭からかぶるくらいでは、鼻に水は入りませんが、

海に頭から潜ったりする人は注意です。

 

海水を副鼻腔にためたまま放っておくと?

f:id:switch321:20160812181200j:plain

海水は非常に汚れており、菌が繁殖して、

蓄膿症になる恐れがあります。

 

蓄膿症はその名の通り、副鼻腔に膿が溜まる病気で

頭痛やだるさが症状としてあるので、私生活にも大きく影響を及ぼします。

 

自分は蓄膿症にはなっていませんが、

鼻に水をためたまま就寝してしまうと、

寝ている間に鼻から水が出たりして目が覚めます。

 

翌日もそれに伴う睡眠不足だけでなく、

頭が重いような感覚があり、

体調が優れず次の日の午前中を棒に振ってしまうことに・・・。

 

海水が溜まっていることを確認する方法

頭を横に降ってみてください。

ピチャピチャ水の音がしたら、

副鼻腔に水が入っていると判断してください。

 

海水を取り除く方法

 副鼻腔の入り口は上向きのため、

まず、頭を逆さまや横向きにする必要があります。

 

しばらく横になったり、膝に手を当てて頭を逆さまにした状態を作って

水を副鼻腔から出します。

 

そのまま頭を起こすと鼻から水を出てくると思います。

水を出す際は、鼻を噛むようにすることで、鼻の奥の水も出すことができますよ。

 

まとめ

あまり海のレジャーはしないので、

この件に関する知識がありませんでした。

 

同様の方もいるかもしれません。

この記事を読まれた方は注意してくださいね。

 

何事もですが「知っている」・「知らない」の

どちらかで結果が大きく変わってきます。

 

睡眠時間や食事など、

健康でいることは人生において非常に大切なことなので、

それに関する知識を増やしていくことはとても大切ですね。

 

ちょっと頭痛いくらい大丈夫だと過信せずに、

少しでも体調不良を感じたら調べたり、病院に行く。

その意識を持っておくことが大切だと感じます。