読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからは好き勝手に過ごす

やりたいことを我慢してガチガチに生きてきたのでこれからは好き勝手に生きていくのが目標です。世田谷・三軒茶屋情報発信 早起き 自信・落ち着き ストレスマネジメント フィットネス

CLレアル優勝!|試合を見なくては感じれなかった両チームの気持ち。

f:id:switch321:20160529074630j:plain

15-16チャンピオンズリーグ決勝

今日は3時半に超早起きをして楽しみにしていた

チャンピオンズリーグ決勝を観戦しました!

 

チャンピオンズリーグはヨーロッパ各国の主要サッカーリーグの

上位クラブの中でナンバー1を決める大会です。

ワールドカップと並び世界中のサッカーファンが注目する国際大会ですね。

 

今回のチャンピオンズリーグは

スペインのレアル・マドリードとアトレティコ・マドリードが

共に勝ち上がったうえでの決勝戦です。

 

俗にいうマドリードダービーがチャンピオンズリーグの決勝の舞台で実現したわけですな。

 

決勝戦の試合内容としては、チャンピオンズリーグ決勝ということもあって、

両チームともに非常に慎重であり、

リスクをとった果敢な攻めはあまりみられませんでした。

ちなみ自分はロナウドのファンなので、レアル側のサポーターです。

 

選手たちサポーター達に感動させられてしまった

試合の前半から延長の前半までは

当然、レアルを応援してましたし、

後半にアトレティコのカラスコが同点ゴールを決めた時は

やられた!と感じました。

 

しかし、延長の後半になって、

両チームのメンバーに足がつったり、痛めたりするなど、

強く疲労が見られ始め、負傷交代があったりと、

泣いて悔しがりながらベンチへ下がっていく

 

レアルマドリードのダニエル・カルバハルや

足を痛めながらプレーを続け守備も奮闘していたロナウドを見てとても感化されました。

 

サポーターはアトレティコサポーターがよく画面に写っていたけど、

泣きながら応援するサポーターをみていて、

強く心を揺さぶられました。

 

みなそれぞれの思いがあってプレーをしたり、チームを応援しています。

そんな思いから、どちらのチームも勝たせてあげたいようなそんな気持ちになってし

まいました笑

 

結果は、PK戦の末、

レアル・マドリードが勝利しましたね。

 

ハイライトやニュースの記事で試合の結果だけみていたら

「やった!レアルが勝った!レアル、ロナウドおめでとう!」

としか思わかなかったでしょう。

 

今回、開会式から、PKが終わって

両チームのサポーターやメンバーがお互いに祝福する姿まで通して見て、

試合のパフォーマンスだけでなく、

チームメンバーの日々の努力や

サポーターの気持ちを想像して不覚にも泣きそうになってしまいました。

 

 

レアルにもアトレティコにも泣いてる選手達が多くいたけど

日々の練習や生活を全力で頑張ってこなければ、泣けたりしないよね。

自分もやりたいことを達成すべくがんばらなくては!

 

試合を観戦できて本当に良かったです。

 

レアル、アトレティコ素晴らしい試合をありがとう!

本当に感動しました!

 

両チームを祝福します!

“アラ・マドリー!!"