読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからは好き勝手に過ごす

やりたいことを我慢してガチガチに生きてきたのでこれからは好き勝手に生きていくのが目標です。世田谷・三軒茶屋情報発信 早起き 自信・落ち着き ストレスマネジメント フィットネス

ジムに行こうか迷う人へ|自宅トレーニングのメリットとデメリット

f:id:switch321:20160420064150j:plain

自分はジムでのトレーニングが大好きですが、

最近はあまりジムに行っておらず、家での筋トレをすることも多いです。

 

ジムに行こうか検討している人も多いと思います。

ただ、家トレでも十分トレーニングができることが最近わかってきました。

 

自宅トレーニングのメリットとデメリットを考えてみます。

 

家トレのメリット

1.時間が増える

f:id:switch321:20160420065730j:plain

これがバカにならんです!

 

ジムに行く場合

出発準備         20分

移動(家、会社 ⇒ ジム)15分〜30分

着替え          10分

トレーニング       1時間〜2時間

シャワー         20分

着替え、身支度      20分

移動(ジム ⇒ 家、駅) 15分〜30分

 

多く見積もってこれくらい時間をかけているのはないでしょうか。

 

移動はもっと時間がかかる人もいるでしょうし、

着替えは一瞬終わらす人もいるでしょうから、

人によっては差があると思います。

 

上記のトレーニング以外の時間を合計すると130分です。

 

2時間ですよ!2時間!

 

トレーニングも合わせると3時間以上なので、

ほぼ午前中は潰れてしまう。

 

もちろんそれだけの価値はあると感じますし、

ジムが好きなので行きますが笑

 

最近やることが増え、

ジムに行く時間があまりとれていません。

 

家でトレーニングをするなら移動時間や着替えを省略できるので、

家トレに切り替えるとかなり時間が増やせます。

 

2.お金がかからない

f:id:switch321:20160420065342j:plain

ジムに行くにはお金がかかります。

 

月会費は、7,000円〜10,000円くらいですので、

家トレの場合、それがかかりません。

 

自分の場合、健保組合の割引を利用してジムに行っており、

会費制ではなく、利用するたびに一日のジム利用料を支払う都度払いにしています。

 

会費制じゃないので、ジムに行かなくても罪悪感は生まれないですよね笑

そんな人には自宅トレもオススメできます。

 

会費を毎月支払っている人は、

支払っているのにジムにいかないのは精神衛生上良くないですよね笑

ジムに行ってトレーニングしたほうがいいでしょう。

 

ジムは器具が揃っているので、やはりジムトレのほうがトレーニング効率がいいです!

 

それより時短・お金をかけないトレーニングにメリットを感じるなら、

退会して自宅トレーニングに切り替えるのもありです。

 

3.好きな時間にできる

トレーニングする時間を気にしなくていいのは結構なメリットです。

早朝でも、深夜でも好きな時間にトレーニングができます。

 

自分は早起きで5時には起床するので、

ゆっくりしたあと、朝7時ごろトレーニングをやることが多いですね。

 

自宅トレーニングのデメリット

1.扱う重量、負荷に限界がある

これが最大のデメリットです。

 

トレーニングの目的によりますが、

例えば、腕立て伏せ。主に大胸筋を鍛える種目です。

 

腕立ては自分の体重を利用したトレーニングなので、

体重以上の負荷をかけるなら誰かに乗ってもらうなど工夫が必要です。

 

同じ胸を鍛える種目でも

ジムでベンチプレスすれば、どんどん負荷を上げていけますよね。

 

2.トレーニング器具の購入が必要

鍛える部位によっては器具を利用しないと鍛えることができない部位があります。

 

例えば背中。

背中は基本的に引く動作をして鍛えます。

懸垂やバーベルロウなどですね。

 

家に引くものがなければ、鍛えれません。

トレーニングチューブやダンベルなどを購入する必要がありますね。

 

トレーニングチューブであれば、安く購入できますし、

結構負荷も高いですよ。

 

必要な器具、買っておいたほうがいいものについては別記事で書く予定です!

 

3.トレーニングを阻害する誘惑が多い

f:id:switch321:20160420065840j:plain

ジムに行ったらトレーニングをするしかありませんが、

家には誘惑がたくさんあります。

パソコンやテレビやご飯やお菓子など・・・。

 

トレーニングに集中しにくいですね。

一見デメリットですけど、それらはメリットになることもあります。

モチベーションの上がる動画でも見ながらトレーニングできますからね。

 

まとめ

  • 自宅トレーニング最大のメリットは時間を節約できること。
  • デメリットは自重では負荷が弱く、トレーニング器具が必要になること。

 

特定の部位を鍛えるトレーニング器具を使っていると

その部分の力の入れ方や鍛え方がわかってきますから、

最初はジムに行くほうがオススメです。

 

家での自重トレーニングでも、効果的なトレーニングができるようになったのは

ジムでのトレーニングがあってからこそだと感じています。

 

ジムに通うことを検討しているならジムに行ってみるのがいいです。

トレーナーさんはちゃんと知識を持っているし、

器具の使い方も教えてくれますからね。

 

それで体の使い方や鍛え方を覚えてから、自宅トレーニングするほうがおすすめです。