読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからは好き勝手に過ごす

やりたいことを我慢してガチガチに生きてきたのでこれからは好き勝手に生きていくのが目標です。世田谷・三軒茶屋情報発信 早起き 自信・落ち着き ストレスマネジメント フィットネス

メンタルの強化とその代償|人間らしさの欠如

f:id:switch321:20160316074816j:plain

気分の落ち込みの克服

ちょっとここ最近、ある出来事がおきました。

人に話すと心配されるようなことだ。

 

心配されるということは、当事者つまり自分にとって

ネガティブなことが起きたと、その人は思っているだろう。

 

人によっては仕事が手に付かない、気になって仕方がない、

落ち着かない、誰かと話したいという気持ちになる人もいるだろう。

 

だけど、自分は至って健康だし、特に落ち込んでいない。

前進する準備や先の事で頭がいっぱいで、

目の前のこともしっかり取り組めている。

 

 

もう30歳も手前の人間なのだから、

いちいち落ち込んでなどいられないし、

そんなの当たり前だと思うひともいるだろう。

自分もその一人である。

 

以前はものすごく落ち込みがちな人間であったけど、

それは克服できたみたいだ。

 

でもそれは、人間らしさを失うということでもある。

 

人間らしさの魅力

感情的になった方が人間らしいし、魅力的に映るだろう。

 

映画でも漫画でも主人公は失敗を犯し、もしくは挫折し、

それを乗り越えて、最後は成功するさまが描かれるものがよくある。

 

観賞している自分たちは、

その主人公の感情の起伏と共に描かれる成長過程に感情が移入できるから

主人公を応援したくなるだろうし、物語自体が強く印象付けされる。

 

その主人公が挫折しても、すぐさまPDCA回して淡々と前進するような人間だったら、

見ていてあまりおもしろくない。(面白いかもね。)

 

少なくとも見た後の印象は前者より薄いだろう。 

何かしら感情の起伏で人は心を動かされるのだ。

 

これからについて

これからも技術力を養って、体も鍛えて、心も強くしていきたい。

 

だけど、心を鍛えて防御力を上げることに一生懸命になったせいか、

人間味が欠けてきたのも実感しているし、改めて感じた。

実際に指摘されたこともある…。

 

それが良いことなのか良くないことなのかは、答えが出ていないけど、

ただ、今はもっとストレス耐性を高めていきたい。

 

人間味は失いたくない気持ちがあるが、

このまま高めていくと、もっと人間らしさが薄くなっていくのだろうか…。

 

それについては、これからの日々どうなっていくか見ていこう。