読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからは好き勝手に過ごす

やりたいことを我慢してガチガチに生きてきたのでこれからは好き勝手に生きていくのが目標です。世田谷・三軒茶屋情報発信 早起き 自信・落ち着き ストレスマネジメント フィットネス

「自己啓発書は読む必要がなくなる」というのは本当だった。

読書

f:id:switch321:20160206092923j:plain

自己啓発本をたくさん読む

以前はたくさん自己啓発本を読んでいた。

 

読まなければいけないと思っていたし、
読むと安心した。

 

以前はメンタルマネジメントがうまくなくて、
時に落ち込んだりしていて、本に助けを求めた時期もあった。

 

どうしてたくさん読んでいたのか考えてみると

目的は明確ではなく、
「読んだほうがいい。」とか「読まなければならない。」という気持ちで読んでいた。

 

それこそ、「読書に投資しよう」とか書いてある本もたくさんある。
それを鵜呑みにもしていた。

 

本を読んで行動しようとかいうけど…

「本を読んだら何かアクションを起こそう」とか
「本を読んでも行動しなければ意味がない」とか
よく言うが、そうではない。

 

読んで「行動しなければならない」と思っている時点で違っている。

 

必要なのは自己認識の変化だ。

 

認識が変わることで、初めて行動が伴ってくる。
最初から行動を変化させても、すぐにやらなくなる。

 

「とりあえずやってみろ」という人もいるが、できるようになるわけがない。


多くの人が求めるのは「一時的に出来た」のではなくて、

「継続性してできるようになる」ことだと思う。

 

「とりあえずやってみる」でやったとしても、

自分の場合、それ自体がストレスになるし、

そんなモチベーションでやろうとも思わない。

 

気合でやったとしても、最終的にはやらなくなる。継続性を伴わないんだ。

 

体の変化を先にもとめてもダメで、

必要なのは認識を変えること。

 

認識に変化が起こると、ほとんどの自己啓発本が

同じことが書かれていることに気づく。

 

何を期待して読むの?

認識の変化がないといつまでも同じような本を読むことになる。
本は「読めばいい」ものでは無いと思っている。

 

自分は本にかいてあることから感銘、刺激を受けたりすることで、
自分になにか良い変化をもたらすことを目的としている。

 

だけど、目的意識を持ってやろうとか、そんな風にガチガチに考えず、

やっぱりおもしろそうかどうかが重要だと思う。

 

面白ければそれでいいし、感動したらそれでいい。
知らないことがかいてあったらそれでいい。

 

そうすると、読んでおこうとか、読まなければならないとは思わなくなって、
自然と読む頻度も減った。

 

今でも自己啓発本は星の数ほどあって、今でも増え続けている。
それはどれも同じことが書いてある。

 

いつまで読むのかは自分の中で変化が起きるまでだと思う。
そういう意味だと、古くからある名著といわれる本だけ選択して読めば良いと思う。

 

 

あとは、やっぱり好きな本を読むのがいい。

 

自分はストレスマネジメントについて考えるのが好きなので、
新札の本もよく買います。

 

脳の研究が進んで新しいことも書かれているし、
より新しい知識が得られるので、新しい本も意味があると思っています。

 

いろいろかいてみたけど、この辺りで終わりにしよう。

読書に関することも今後書いていこうかな。