読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからは好き勝手に過ごす

やりたいことを我慢してガチガチに生きてきたのでこれからは好き勝手に生きていくのが目標です。世田谷・三軒茶屋情報発信 早起き 自信・落ち着き ストレスマネジメント フィットネス

イライラしない方法|最悪の未来も予想しておこう

Life

f:id:switch321:20160327123621j:plain

朝からいらいらしてる人を見た

タクシーが踏切を渡ろうとしている。
40歳くらいのおじさんがその前を横切ろうとしている。
 
タイミングとしては、
おじさんがタクシーより
0.5秒から1秒くらい踏切に遅れて入る感じ。
 
 
タクシーは踏切前で停車してから、
じりじり直進しておじさんより先に行こうとした。
おじさんは踏切前をそのまま直進して
横切ろうとしてきた。
 
 
タクシーは当然止まって、
おじさんがタクシー前を通過した。
 
タクシーの運転手である60歳くらいであろう老人は、
助手席側の窓を開けて、おじさんに向かって罵声を浴びせた。
 
何を言ってるのかは聞き取れなかった。
 
 

イライラしている人の頭のなか

運転手はなぜ怒ったのか、
それは自分が先に行こうとしたのに
おじさんが前を通ってきたので、
先に行けなかったからだ。
 
未来のパターンを一つしか描けていなかった。
それは自分が先に進むということだ。
 
自分の描いた未来とは異なった結果にさせたおじさんに腹を立たせた。
 
でもおじさんが先に前に出てくるかもしれないということも
予測していただろうけど、
自分が先に行くことに固執しすぎていた。
 
 
車なのだから、歩行者を優先させなければいけないし、
おじさんを引いてしまうかもしれない未来だってある。
 
 
メンタルの防御力を上げる方法としては、
常に最悪の事態を想定しておくということが
非常に効果的。
 
このケースの場合、こんなことが推測できたはずである。
  • タクシーが先に行く
  • おじさんが先に行く
  • おじさんがいきなり走り出して両者がぶつかる
  • タクシーがブレーキとアクセルを間違えておじさんを引いてしまう
 
ぶつかってしまうのが最悪のケースである。
これが起こるかもしれない。
 
そんなことを、あらかじめ考えて心の準備をしておくと
怒ったりしなくて済む。
自分の想定していたことの一つがおきただけだから。
心も動揺したりしない。
 
 
まぁ車対人なのだから、人も気をつけないとね。
いくら体鍛えても、車には勝てないし、
なにより怪我をしたら元も子もないです。