読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからは好き勝手に過ごす

やりたいことを我慢してガチガチに生きてきたのでこれからは好き勝手に生きていくのが目標です。世田谷・三軒茶屋情報発信 早起き 自信・落ち着き ストレスマネジメント フィットネス

最高に気持よく早朝を迎えるためにやっちゃダメなこと3つ。

早起き

早起きするためにやっちゃダメなことを紹介する。
以下の記事の参考記事です。

 

sukikattenisugosu.hatenablog.com

 

上記紹介した早起きの方法であれば、以下に紹介することに関係なく起きれるのだけど、翌日の気持よい目覚めと気持よく過ごすことを考えるならやらない方がいい。

睡眠時間を削る

睡眠時間は6時間はとったほうがいい。
自分は最低でも5時間は取るようにしている。

4時間睡眠だと翌日に仕事がある場合、生産性が落ちる。
とにかく午後眠くなってしょうがない。集中力も欠如する。

自分はシステム屋なので頭脳労働をしているので、
頭をフル回転させて、新しい仕組みを考えないといけないときなんかはつらい。

データをひたすら入力するような、単純作業でも辛い。
体を動かしてないから本当に眠気に耐えれなくなる。辛い。

 

就寝前のカフェイン、アルコール、食事の摂取

 

これは睡眠の質に大きく影響するのでやらないほうがいい。

これを前日にやって6時間眠った場合では
寝起きでまだ胃にものが入っているし、
体にだるさはあるしで、とにかく寝起きが不快。

体感として4時間~5時間ほどの睡眠しかとっていないように感じる。
それだと寝起きがよくないだけでなくて当日のパフォーマンスにも影響が出る。

 

今朝は4時30分に目覚めたのだけど、

寝る前に食事をとってしまい、不快な目覚めを送ってる…。

 

就寝前の運動


これも睡眠の質に大きく影響する。
加えて、アドレナリンがでているので寝付きも悪くなる。
昔は睡眠前に筋トレしてたりしていたけど、今は就寝2時間前には済ますことにしている。