読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからは好き勝手に過ごす

やりたいことを我慢してガチガチに生きてきたのでこれからは好き勝手に生きていくのが目標です。世田谷・三軒茶屋情報発信 早起き 自信・落ち着き ストレスマネジメント フィットネス

ITエンジニアが「社長失格」を読んでみて

Life 仕事
社長失格

社長失格

 

 

社長失格を読みました。

 きっかけは、最近会社を経営している方と知り合ったことです。

自然と経営に興味が湧いてきて、それに関する自伝を手に取っていました。

 

もう18年も前の本ですが、会社経営における失敗を赤裸々に語った作品として、

未だ多くの方に読まれ、1998年の発売当時もベストセラーとなった作品です。

 

この本は著者板倉さんの会社創業〜成功〜倒産までを描いた本であるが、

失敗を題材にしていることもあり、読んでいてとても複雑な気分になり、心を動かされました。

板倉さんや元ハイパーネット役員の方々の苦悩がリアルに伝わってきました。

 

 

登場人物が実名ということもあり、当時のできことが非常に生々しく感じ、

IT業界の大御所、著名人がたくさん出てくる点も面白しく、

どんどん読み進めてしまいました。

 

これを読んで経営に興味が湧いてしまい、起業や、経営者の自伝などを読み漁っています。

 

経営については全くといっていいほど知識がないし、

あまり興味を持てていない分野だったので、(会社勤め人として恥ずかしい…)

 

新しい分野に興味を持つきっかけになったので非常に良かったと感じます。

 

自分の経験上ですが、多くの会社に努めている人間は経営側の状況を理解もせず、

自分の利益ばかり追求して、ああだこうだと言っている人間が多いと感じました。

 

会社の経営側を理解していれば、ただただ残業や昇給に文句を垂れるのではなく、

会社の状況やどのように貢献できているのかを考えるでしょう。

 

少なくとも自分は、自社の経営陣に対する見方や意見は今後変化すると思います。

IT企業に務める後輩は言った。「ITは好きじゃない。」

Life 仕事

f:id:switch321:20160910104141j:plain

好きなことをしよう。

好きじゃないことを続けていくことは正しいことなのでしょうか。

 

好きじゃないことに1日8時間、1週間で40時間、1ヶ月で160時間もの

時間を費やすことは良いことなのでしょうか。

 

今の自分の答えは、”NO” です。

 

今の仕事が本当に好きじゃないのであれば、

何が好きなことなのか見つけたいですよね。

 

それには少しでも興味をもったら何事でもやってみること、

経験してみることが必要です。

 

まだ若く、守るべき家族がいないのであれば、

リスクを冒してでも、お金をつかって様々な経験を積むこと勧めます。

何かを好きになる努力していくことが必要だと感じます。

 

 手っ取り早いのは、本を読むことでしょう。

本は著者の経験が凝縮されたものです。

経験がなければ本は書けません。

 

著者が何年も探求し続けたものをそれを2000円ほどで、

それも数時間で、体験できる・学ぶことができる。

本当に素晴らしいことだと改めて感じています。

 

自分よりもまだまだ若い後輩。

 

自分よりも若さという強力なポテンシャルがあるのだから、

さらなる可能性を秘めています。

 

自分も自分のやっている仕事を嫌っている時がありました。

 

「ITは自分には向いていない。」

 

常にこの一言で片付けて、毎日辞めたいと考えていました。

 

後輩が自分と同じ道をたどるのかわかりませんが、

昔の自分を見ているようにも感じます。

 

仮に好きなことを仕事にしていたとしても、決して楽ではありません。

でも、仕事がしんどくて、かつその仕事自体も嫌いだとして、

それは良いことなのでしょうか。

 

それならば、好きなことをやって生きるほうがよいです。

 

後輩を応援します。 

日本人の2割は睡眠不足|睡眠習慣の改善

Life

f:id:switch321:20160903085328j:plain

寝不足の日々

最近睡眠が不足しています。

というのも仕事が少し多く、

帰宅が遅くなる(大体22〜23時)日々が続いている状況。

 

就寝時間は0時〜1時位なのですが、

起床時間が決まっていて、5時〜6時に目が覚めてしまいます。

 

体内時計が正確なのは良いことだと思いますが、

就寝時間が遅くなっても、起床時間が変わらないので、

睡眠時間が足りず、翌日に影響を及ぼしてしまっています。

 

睡眠時間は4時間〜5時間くらい。

 

遅く寝たら、起きる時間を遅くすればいいだけなのですが、

自分はそれがあまり得意じゃないようです・・・。

 

休日前夜に多く寝よう決意しても

休日が楽しみすぎて、遠足前の小学生のように

4時半とかいつもより早く起きてしまう始末笑

 

休日は知的労働をするわけではないので、

そこまで苦がなく過ごせますが、

眠気が襲ってくる場面が多くあります。

 

この記事を書いている今も眠いようなだるさを感じてしまっています。

 

一番痛いのが、仕事中に会議で会話した内容が頭に定着しないこと・・・。

頭の回転速度や記憶する力がかなり鈍っていることを体感しています。 

 

自分は起床時間を調整するよりも、

就寝時間を調整したほうがうまくいきそうなので、早く寝ることを心がけていきます。

 

日本人の2割は睡眠不足

同じような悩みがある人はいるのでしょうか。

日本人の2割は睡眠不足という統計もでています。

睡眠で休養が充分にとれていない者の割合は20.0% 平成26年 国民健康・栄養調査 | 生活習慣病の調査・統計 | 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会

 

睡眠の質の向上

睡眠時間を増やしたいのはありますが、

睡眠自体の質も上げていきます。

 

まずは、簡単なこんなことから心がけていくことにします。

  • 夕方以降はカフェイン摂取を控える
  • 就寝前はPC・スマホ画面を見ず、本や雑誌を読む
  • 遅くても就寝1時間前には食事を済ませる
  • 少しストレッチして体をリラックスさせる

寝ながらスマホは本当にやりがちですよね。

どこまで効果があがるか自分の体で確かめていきます。

成功には理由がある|クリスティアーノ・ロナウドの努力

Life

f:id:switch321:20160828065438j:plain

クリスティアーノ・ロナウド選手が好きです。

 

リオネル・メッシ選手とともに、サッカーという競技人口が世界2位のスポーツでナンバー1の地位に君臨しています。(1位はバスケットボールのよう)

それも、おどろくことに何年もです。

 

もちろん恵まれた体格、身体能力はあるでしょうが、

今の地位を勝ち取り、それを継続出来ているのは

ひたむきに一つのことに取り込こんできた類まれなき努力による賜物です。

 

そんな彼の努力について、彼に関わった方々のコメントをまとめてみました。

  

クリスティアーノ・ロナウド選手への評価

ポルトガル代表DFジョゼ・フォンテ

「彼はシャワールームでも腕立てをしていたのを覚えているよ。彼はみんなに言ったんだ。『俺はトレーニングの後でも誰よりも多く腕立て伏せをする』と、ね。そして、彼は実際にやっていた。誰よりもたくさん腕立てをしていたんだ。このことが、彼がいかに競争的な人間であるのかを示しているよね。彼はその時から誰よりも先を行っていたんだよ」

出典:http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=17127

 

ポルトガル代表FWリカルド・クアレスマ

「彼を批判する人が存在することが理解できないよ。これまでにロナウドが成し遂げてきたことを振り返るとね。彼は僕が最も尊敬する選手の一人で、その精神力の強さは素晴らしい。彼ほど精神力がある選手は見たことがないよ。毎シーズン、50得点、60得点を挙げているし、バロンドールに近い位置に居続けている。批判している人がこれ以上何を望んでいるのか分からない」

出典:C・ロナウドへの批判に疑問のクアレスマ 「これ以上、何を望んでいるのか」 - Goal.com

 

元ポルトガル代表MFデコ

「あの男は病気だよ。僕は彼ほど熱心にトレーニングに打ち込む人間をこれまで見たことがないよ。あのように自分を追い込めるのは本当に難しいことだと思う」

出典:http://web.gekisaka.jp/news/detail/?173647-173647-fl

 

ロナウドが15歳の頃のフィジカルコーチ、ルイス・ディアス

「練習後、シャワーを浴びていると思ったらいつの間にか、水を流しながら腹筋を始めたこともあった。筋トレも彼が一人で勝手にやらないように見張りをつけたほどだった」

出典:http://www.ajps.jp/thebest0402/

 

スペインの新聞ムンド・デポルティーボ

「ロナウドは練習場に一番先に現れ、最後に引き上げる。彼が住むデラックスな家にはジムがあり、またプールで毎日1時間から2時間水泳をする。食事は近くのレストランから料理を取り寄せているが、魚と野菜、ライスにフルーツジュースが基本メニュー。そういった自己管理によって、体脂肪3%以下の身体が作られている」

 

代理人を務めるジョルジュ・メンデス

「彼はいつも早起きして練習場に行っている。食事はそれからだ。そして、とんでもなく厳しい練習に耐えるための健康的でバランスがとれた食事を続けなければならない。

午後には自宅で、息子のクリスティアーノ・ジュニオールと一緒に少しだけシエスタ(昼の休憩)の時間がある。その後1時間から2時間、プールでエクササイズだ。とにかく、すべての時間をエクササイズに費やしている。それから軽めの夕食をとって、必ず午後11時にはベッドに入る。

あれほどのプロフェッショナルは滅多にいない。あれ以上に自己を律している男はどこにもいない。ほかにも努力をしている選手はいるが、あそこまでサッカーにすべてを捧げている男はいない。あの情熱、献身、自己犠牲の精神は特筆されるべきものだ。

クリスティアーノには満足、安住というものがない。常に、よりもっと上、いま以上の成果を求め続けている。決して『もうオレは十分成果を出した。大満足だ』と言うことがない。毎日練習して、さらに優れた選手になろうとし続けているよ」

出典:“普通の”子供時代を犠牲にした、天才たちの努力 W杯、最高の選手は誰だ? ~メッシ、ロナウド、ネイマール~【3】:PRESIDENT Online - プレジデント

 

オーストリア代表DFダビド・アラバ

「C・ロナウドはどんな時だって、成功するために懸命に努力している。」

出典:http://web.gekisaka.jp/news/detail/?194512-194512-fl

 

ウルグアイ代表ルイス・スアレス

「ロナウドは、すごく向上した。現在のレベルに至るまで、厳しく練習してきたんだと思う。(デビューした)当初は、今ほどのレベルにはなかった。 」

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150512-00000025-goal-socc

 

元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ

「クリスティアーノは、信じられないくらいハードに働いていた。そして、より良い選手になっていったんだ。その努力は報われた。そして、彼はピッチ上では本当にクレイジーで、常にパーフェクトを目指していた。彼は、自身の努力によって、今いる場所にいる。彼は、チームトレーニングの後、自分のトレーニングに多くの時間を割いていた。

今の彼を見てごらんよ。大きく、強く、速く、得点を量産している。彼は真のプロフェッショナルなんだ」

出典:V・ニステルローイ氏:「C・ロナウドは傲慢じゃない」 - Goal.com

 

モントリオール・インパクトFWディディエ・ドログバ

「確かにメッシはC・ロナウドより多くのゴールを挙げるかも知れない。しかし 僕を含め人々が驚嘆するのは 成功を収めるために選手がどれほど必死に戦っているかどうかだ。それゆえ C・ロナウドがベストなんだ」

出典:http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20130412/104181.html

 

レアル・マドリード監督ジネディーヌ・ジダン

「私の時代にロナウドもメッシもいなかった。例えば ロナウドの数字を見てほしい。それで気付くだろう。信じられない数字だ。彼の野心が 彼をああいった選手にした。常に勝利を求め ゴールを求める意欲がね。彼は練習中のゲームでさえ負けたくないんだ」

出典:ジダン氏:「私の現役時代にはメッシもC・ロナウドもいなかった」 - Goal.com

 

まとめ

何かやる気出てませんか?

彼はトップの地位にいながら尚努力をし続けています。

ロナウド選手の存在は自分にとって強いモチベーションです。

 

日々少しづつでも、何か行動を起こしそれを継続することで未来が変わります。

時にはとんでもないところまで行く人も出てくるでしょう。

彼はそれの象徴です。

 

彼のような強烈な野心は自分は持っていないでしょうが、

自分の目標・理想に少しでも近づき達成するために

行動を起こしていきたいと思います。

 

www.youtube.com

 

 

家賃を上げると生活レベルも向上する|定期的な引越しのススメ

Life

f:id:switch321:20160827081501j:plain

三軒茶屋への引っ越し

今から二年ほど前に三軒茶屋に引っ越しました。

 

以前住んでいたところは、千葉県の市川市だったので
家賃はものすごく安く5万円台でしたが、
ある理由で都内に引っ越すことを決意し、
世田谷区の三軒茶屋を選びました。

 

家のグレードをアップさせたのも有りますが場所柄もあり家賃は当然上がり、今では10万円近く支払っています。

約二倍の増加です。

 

住み始めて2ヶ月ほどは思いっきり赤字でした・・・。

 

貯金が切り崩される日々…
そんな生活を続けていると、こんなことを考え始めます。

 

  • いったい何にお金を使っているのか。
  • お金を増やすにはどうすればいいのか。

 

支出と収入について考える

お金を運用していく上で、この2つ(支出と収入)を考えることは非常に重要なのですが、現状に満足していると気にさえしません。

 

自分はというと仕事帰りに買っていたお酒やおつまみを買うことをやめ、

今では全くお酒を飲まなくなりました。

これだけで支出の削減になります。

 

収入を上げるために仕事で成果を上げ、

給料が上がり、別な会社の方から声をかけていただくようになりました。

また、本業以外でも収入を得ることができないか考えはじめました。

収入の増加です。

 

大幅に収入をアップさせるのであれば、転職という手段もあるでしょう。

 

なかなか自分は大幅な改善とは行きませんでしたが、以前より生活の質を上げることに成功しました。そういった意味でも今の家に引っ越してよかったと感じます。

 

人間危機に直面したりすると解決しようと何か行動を起こすものです。

 

今は少し安定した生活を過ごしているので、
また変化が必要かも知れませんね。