これからは好き勝手に過ごす

やりたいことを我慢してガチガチに生きてきたのでこれからは好き勝手に生きていくのが目標です。世田谷・三軒茶屋情報発信 早起き 自信・落ち着き ストレスマネジメント フィットネス

革靴を嫌がらないで|30歳になってようやくわかった革の素晴らしさ

f:id:switch321:20170611111423j:plain

革靴持ってますか?

革靴だけでなく革は身近なものに使われていますね。

  • サイフ
  • バッグ
  • 名刺入れ
  • スマホケース
  • ジャケット
  • パンツ
  • ベルト

学生のときから革の製品は持っていたけど、
革のメリットなどあまり考えず、なんとなく買っていました。

 

最近になってようやく革の良さに気づいたので
ちょっと書いてみます。

 

革は手入れしだいで半永久的に使える

当然ですけど、革製品はもともと生きていた動物の皮膚です。

 

皮膚が傷ついたり、乾燥していたらどうしますか。
絆創膏はったり、化粧水塗ったりするでしょう。
(生きていれば治癒能力が働いて勝手にも治りますが)

 

メンテナンス用品を使っているでしょうか。
代表的なところではこれなど

 

塗布して栄養を与えてあげることで
革はいきいきとした姿を取り戻します。

 

[エム・モゥブレィ] デリケートクリーム  2026 NT ニュートラル 60ml

[エム・モゥブレィ] デリケートクリーム 2026 NT ニュートラル 60ml

 

 これを初めて使った時は衝撃でした。

 

捨てようかと思っていた靴が
乾燥した状態から潤いと輝きを取り戻していきました!

 

革に栄養を与えたり輝かせるクリームは他にもいろいろな種類がありますが、
このようにちゃんとメンテナンスすることで半永久的にして使うことができることを知り、
多少高価でも長く使うことを考えたら、対価を払う価値がある。
そのように考えるようになりました。

 

その上メンテンスしていると愛着も湧いてきて、
余計手放せなくなってくるんです。

 

体と一体化する

これは革靴や革手袋、革ジャンなど身につけるものに該当します。

 

革靴などは特にそれが顕著に現れるのですが、
革靴を購入する時、多くの方は多少きつめのサイズ感のものを選びます。
それを数回から数十回、履いてなじませると革は伸び足の形に変形してきます。

 

そうなってしまうともう履いているという感覚がなくなり、
最終的にはしっかりした厚手の靴下に包みこまれているようなそんな感覚になるのです。

 

信じられないかもしれないですが、
革靴を好きな人はみな同じ感覚を持っているはずです。

 

20歳のころ革靴を初めて履いて10年ちかく経ちますが、
革靴など蒸れるし、硬くて、履き着心地が悪く、
フォーマルな場やビジネスでしかたなく使っていて、嫌で嫌でしょうがなかった。

 

しかし、一度この感覚を味わってしまい、革靴が大好きになってしまいました…。
あれほど嫌だったのに休日でも革靴を履きたくなってしまっています笑

 

自分は運動が好きなこともあって、
ランニングシューズが最強だと思っていたのですが、本当に感覚が変わりましたね。

 

このように革は体にフィットしてくるんですね。

 

まとめ

この記事を読んでお手入れをするきっかけになってくれたらうれしいですね。

革はやっぱり値が高いですが、
大切に長く使うことを考えると多少値が張っても初期投資をした方がいいと思います。

 

具体的にどのようなものをつかっているか紹介でもしてみます。

 

このクリームは靴だけでなくカバンや革全般に使えるので持っておいて損なし! 

[エム・モゥブレィ] デリケートクリーム  2026 NT ニュートラル 60ml

[エム・モゥブレィ] デリケートクリーム 2026 NT ニュートラル 60ml

 

 

靴クリームならこれがオススメ 

[サフィールノワール] SaphirNoir クレム1925 75ml 9551033 (ブラック)[HTRC4.1]

[サフィールノワール] SaphirNoir クレム1925 75ml 9551033 (ブラック)[HTRC4.1]

 

 

三軒茶屋でジムいくならエニタイムフィットネス一択!

f:id:switch321:20170610115241j:plain

 以前こんな記事を書きました。

 

sukikattenisugosu.hatenablog.com

 

自分は今年の3月までゴールドジム渋谷をメインのジムにしていたのですが、
現在はエニタイム三軒茶屋を利用しています。

 

理由はわざわざ三軒茶屋から渋谷まで電車でジムに行くのが億劫になったから。
やっぱり近くのジムはめちゃくちゃ楽です。

 

エニタイム三軒茶屋に行くべき理由

1.筋トレ器具が十分すぎるほど揃っている

流石にゴールドジムまでとはいきませんが、十分過ぎます。

フリーウェイトは

  • スクワットラック1台
  • スミスマシン1台
  • フラットベンチ1台
  • インクラインベンチ1台
  • EZバー
  • 10キロのストレートバー
  • ダンベル・・・なんと40キロまであります!!

マシンはアブダクションとリアデルトマシンがあるのが嬉しい。

※アブダクション・・・内転筋を鍛えるやつ、太ももの内側ですね。
※リアデルト・・・肩の後ろ側を鍛えるやつ。

 

4人同時に利用できるマルチケーブルマシンがあるのも最高。

アタッチメントの数も結構すごい。Vバーとかもあります。 

 

でもなぜかレッグエクステンションマシンはない。
まぁ大腿四頭筋ねらいならスクワットかランジやっておけばいいでしょう。

 

2.土足のままでいいのが楽すぎる

エニタイムは土足のままでいいので、
内履きをもたなくていいですよ。

 

家からジム着、トレーニングシューズはいたままジムへいって、
すぐにトレーニングできます。

これがめちゃくちゃ楽すぎる。

 

3.24時間営業なのが最高

24時間やっているので、いつでもいけます。

だいたい都内のジムは平日は7時から23時位
休日は9時〜23時位まで利用が可能ですが、
時間を気にせずいけるのは思っていた以上にメリットでした。

 

やっぱり空いている時間をねらいたいですよね。

 

自分は早朝に6時とか7時位に行ってさっさとトレーニングを終わらせてしまうのですが、人がだれもいないときもザラにあります。

早朝ならばジムを独り占めできますよ笑

 

このジムは規模はそこまで大きくないので、

人が多くて使いたいマシンがすぐに利用できない場合もあります。

 

やはり人のいない時間を狙うのがおすすめですね。

 

4.有酸素運動メインの人にはちょっと微妙かも

有酸素運動メインであればマシンが少ないし、そこまで広い空間ではないので、
別なジムも検討してみた方がいいかもしれません。プールもなしです。

 

トレーニングメインであれば超絶おすすめですよ。

 

三軒茶屋のフィットネス好きの皆さん!
深夜や朝はスタッフ不在ですが、お昼ごろであればスタッフが在中しているので、
気になったら見学しに行ってみてください。

自分もいろいろ行きましたが、なんやかんやここで落ち着きました。

 

以前書いた紹介記事はこちら!

sukikattenisugosu.hatenablog.com

 

高級な時計を身につけるようになって生活が変わった話。

f:id:switch321:20170528105219j:plain

30歳と良い年齢にもなったこともあり、

GW頃にちょっと高めの機会式の腕時計を購入しました。
百万円もする物ではありませんが・・・


数十万するものなので、一般的には十分高級な部類だと思います。

 

その時計を身につけることで生活に変化が起きたので、
いくつか書いてみます。

 

簡単に書くと、
時計に追いつけるように気をつけるようになったということです。

 

時計を買って変化したこと

身だしなみを整える

時計だけが立派でも、

  • 髪がボサボサ
  • 無精髭
  • シャツのサイズは合っていなく、シワシワ
  • たるんだ腹
  • 靴は底がすり減っている、傷・履きじわだらけ

身なりがこんなんだったらどうでしょう。

これではものすごく違和感を感じますよね。
むしろ「時計だけかよ」といったように余計残念に感じませんか…?

自分は全部ではありませんが、当てはまるものがありました汗

 

これら見た目を整えるためには朝少し早く起きる必要もあります。
⇒早く起きるには早く寝る
⇒早く寝るには仕事を早く終わらせる
⇒仕事を早く終わらせるには、人を使う・システム化するなどして生産性を上げるにはどうすればいいか考える

 

といったように、良い相乗効果しかないですな。

 

正しい姿勢でいて堂々と振る舞う

  • 猫背で自信なさげでボソボソ喋っている
  • 責任感なく人のせいにする
  • いい年こいて指示待ち(自分の仕事はこんな人多いです…)

こんなビジネスマンはどうでしょう。
「この人頼れるかな…」と心配になりますよね。

こんな人も時計だけが立派だったら、より残念ですし…。

大きく気をつけるようになったのはこの2つですね。
特に身なりをきちんとする意識は相当変化しました。

 

環境が変化すると行動が変わる

良いものを身につけるということは贅沢ではなく、
自分に対する投資です。

 

自分の場合は時計が変わったことでしたが、
それ相応の環境に身を置くと、
それに適応するように行動が変化するといったことに改めて気付かされました。

 

もちろん、時計が高級だからと、収入・生活レベルを気にすることなく
カバン、靴、服すべて高級でいろというわけではなく、
清潔でいて、きちんとしていることが大切でしょう。

フリーのITエンジニアになりました|仕事ができなかった過去

f:id:switch321:20170402082139j:plain

3月末で今まで勤めていた会社を退職して、
フリーのエンジニアになりました。

フリーになる経緯

細かいことはかけないのですが、
もともとやりたいことがあり、
仕事をしながらの実現が難しいことがわかったため、
今の会社を退職することを決意しました。

 

ですが、いきなりでは無収入になってしまうので、
フリーのエンジニアとして時間を上手に使いながら、
やりたいことを実現することにしました。

 

今後のエンジニアとしての業務内容は、
今までとほとんど変わりませんし、
そのような仕事しか経験がないので、別な仕事はするつもりはないです。

条件のよい新規契約も取れないでしょう。

 

退職について

有給休暇の消化などうまくいかない部分もありましたし、
円満退職では有りますが、多少ひともんちゃく有りました。

 

ですが、勤めていた会社には非常に感謝しています。

 

自分は新卒で入社した当時、技術力は同期より高かったのですが、
仕事は全くできませんでした。

 

時間管理、タスク管理、スケジュール管理、
上司への報告、問題が起こったときの周りとのコミュニケーション、
いくら技術があるからといってもそれらができていなければ、
仕事はうまくいきません。

 

それを辛抱して教えてくれたのが、
今まで関わってきた先輩方でした。

 

当時の自分の働き方や考え方を振り返ると、
このような人物が将来フリーでやるなど考えられません。
家に帰ってはお酒ばかり飲んでストレスをごまかし、
金曜日にどんちゃん騒ぎすることを楽しみに生きていました。

 

人は変わり、成長もするようです。

 

今の心境

思っていたより、自分の気持ちの変化が強く少し驚いています。
これからはどう転がっても自分次第であり、すべて自己責任です。

 

今後は時間についてもどう使おうと、すべて自分に返ってきます。

サボればサボった代償がありますし、自己投資すればその分見返りがある。

 

会社にいては直接的にそれが返ってくる環境ではありません。
自分が成果を上げても、見返りは会社にコントロールされてしまう場合がたくさんあります。

 

同じように悩む人が多いかもしれません。
自分がこの決断をくだすにあたっては、
ある人と、ある本との出会いに強烈影響を受けています。

 

人はいえませんが、本はこれです。
10回位は読んでいるかもですね。このブログでも記事にしました。

 

社長失格

社長失格

 

  

sukikattenisugosu.hatenablog.com

 

 人生を変える出会いはいつどこであるかわかりませんので、積極的に何かに新しいものとであう機会を作っていったほうが良いでしょう。

 

今後についてゃうまくいかないことも念頭に置きつつ、
たまに活動など報告していければよいですね。

 

ブログではプライベートを記事にすることが多いですが、
twitterでは仕事のことをメインにつぶやいていますので、よかったら覗いてください。
(更新頻度は高くないですが…。笑)

 

毎日をグダグダ過ごしている自分自身へ

f:id:switch321:20170311084811j:plain

嫌なことから逃れるためには、

イヤダイヤダと言ってても状況は変わりません。

 

その状況から逃げるか、克服するかの2択ですが、
どちらにせよ何か行動することが必要不可欠になってきます。

 

仕事嫌だ。会社行きたくない。上司ふざけんな。

と思うなら、もっと明確に何が嫌なのか。

 

自分も、仕事が思うようにこなせないのは嫌です。

それで売上が落ちたり、部下が退職したり、

会社の損失につながるのもごめんです。もちろん自分の評価も大事です。

思うようにこなせないのは、知識不足、技術不足、
マネジメント力不足、コミュニケーション不足…。
相談せず一人で抱え込んでいる。などなど。。

 

自分起因のことが多すぎます。

 

これは自分しだいでコントロールできることなので、
何か行動を起こしさえすれば改善できます。

 

仕事以外の時間に自分の能力を伸ばすことをする。
この時間を作ろう。

 

睡眠不足だったり、繁忙期だったり、

この時間を作れない時期が度々訪れます。

仕事から帰ってもくだらないyoutubeとか見たり、

どうでもいいバラエティとか見たり、

インスタをだらだら見たりすることが未だにあるのです…。

 

これらの時間を楽しむこともいいことですが、

こればかりやっていては何も状況は変わらない。

 

ですが、行動を変えること、習慣を変えること非常に難しいことです。

これを十二分理解しています。

 

自分の場合、重量の軽いパソコンを買いました。
仕事では使わないプライベート用です。

 

仕事から終わったらどこかの喫茶店に入って作業することにしました。
就業後、遅くても22時位からは作業ができるので、
仕事とは別なことをする時間を1時間半〜2時間は確保できます。

 

もう30代にもなったし、グダグダするのは流石にごめんですな。
決心も兼ねて書いてみた。